ストレスを上手く消化して若い肌を守りましょう

ストレスといえば「いやなこと」と思いますが、必ずしもストレスは「いやなこと」だけではないようで、「気持ちが高まっていること」もストレスと指すようです。

例えば、やりたかった仕事を任されたときなども、うれしい気持ちですが体はストレス反応を起こしていて、不眠になったり肌が荒れたりすることがあります。

うれしいと思うことでも、大きな変化があるときは体は、ストレスの症状を起こすことがあるようです。

ストレスの解消法は人それぞれですが、ショッピングや運動やカラオケなどで発散しますが、ストレス症状は交感神経の緊張による部分が大きいようなので、まずは交感神経の緊張を解くのは良いようです。

好きな事をすることは、気が張ってストレスになるケースもあるので、むしろ何にもしないでボーっとするのだ良いようです。

着たくしてからもやることがいっぱいで「もう寝る時間だから寝なきゃ」というような生活がいちばんよくないようです。

たとえ5分でも10分でもいいから、何もしないでボーっとして腹式呼吸やストレッチなどをしてから布団に入るようにするよう心がけましょう。

ぬるいお風呂にゆっくりつかるとか、お風呂にオブジェや気に入った観葉植物でも置いてリラックスするなんてのも癒し効果がありそうですよね。

時間がある休日などは運動するのが良いですよ。

ウォーキングは大きな筋肉を使うので神経伝達物質の分泌を高めるので気持ちを明るくしてくれるのでストレス解消にいいので肌にも良いということになります。

とにかく若い肌を保つためには、ストレスをためないことがいちばんですが、ストレスを発散させるために体にもストレスを与えないようにしましょう。

私も睡眠を6時間以上とったり、ストレスをためないように努力して肌を守っています。

でも、ほぼ毎日行っているメイクだけは肌に負担をかけていますよね。

メイクだけはしないわけいかないので毎日のようにメイクしていますが、私は今までメイク落としのクレンジングをオイルタイプからバームタイプに替えました。

オイルタイプのクレンジングよりもバームタイプのクレンジングの方が私の肌には合っているみたいでバームタイプのクレンジングを使っています。

私が使っているクレンジングはhttps://anitalk.jp/を参考にしました。

良かったら試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です