落ち込む仕事のミスとの付き合いかた

日々生活していく上で、社会人であるならば誰しもが必ず経験するであろうストレス。
それが仕事上のミスです。
ストレスと言うとイライラする~とかムカつくとかそういうのを思いつく人が多いかもしれないですが、
私の場合はどちらかというとミスをしてしまったという悲しみや、自分に対しての悔しさがストレスとして溜まっていくのだと思います。

例えば、新しいアルバイトを始めた時。
先輩から教えていただいたことをド忘れしてあたふたしてしまって、挙げ句の果てにお客さんに迷惑をかけてしまったことがありました。
私の性格もあり、そういう時はそこから1日もう地の底で落ち込みます。
なんで覚えていられなかったんだろう、あの場でもっと落ち着いて対処できていれば……。
そんな後悔がストレスとして少しずつ溜まっていき、それなのに人になかなか相談できない人間なのでそのうち爆発してしまうこともありました。

それでも最近やっとそういうモヤモヤとしたストレスへの対処法を自分の中で編み出すことができたので、同じモヤモヤを抱える方へ少しでも力になれたらなと思いこちらの記事にて紹介することにしました。
さて、私のストレス解消法。
それはズバリ……思いっっっきり泣くことです。
いやそれだけかよ、と思う方がほとんどでしょう。
私でも実際そう思います。
でも私にとってこれがいちばんのストレス解消になるんです。

泣くと言っても中途半端に泣いてちゃダメですよ。
もうとにかく大声あげて思いっきり泣くんです。
流石にそんなことをしょっちゅうやっていたら、きっとご近所さんに怪しまれてしまうので私はよく雑貨店に売っている声が漏れないメガホンを使ってわんわん泣きます。。
いつも大体一時間、長くて二、三時間。
それだけ泣いてしまうと泣き疲れるのかすぐに眠たくなってしまうので、そのまま眠気に任せて寝てしまいます。

すると、起きた頃にはけっこうスッキリした気になれます。
まぁもちろん、それだけ泣くのでまぶたは腫れるし目は痛いし散々ですが少なくとも気分は晴れている気がします。
そうすると、同じミスでもあの時はこうだったから次に出勤した時忘れないように見えるところに書いておこうとか、まぁまだ始めたばっかりだしな。
と少し前向きに捉えられるようになりました。
多分、泣くことで私の中の何か気持ちのスイッチのようなものが切り替わるのでしょう。

それを覚えてからはストレスを溜め込み続けてつぶれてしまうことはほぼなくなりました。
目や喉は痛くなるし少し代償はあるし、ありきたりかもしれないけれどこれが私の仕事でのストレス解消方法です。

敏感肌のあなたにも健やかな肌をサポートするトライアルキット!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です