口臭やオーラルケアについて、日頃取り入れているケアと悩みについてお話したいと思います。

歯が生えてからママに歯磨きをしてもらい、そこから人生の長いオーラルケアが始まります。

子供の頃を思うと!嫌だったなあという記憶しかないですが、色々と工夫をして歯磨きをする習慣を教えてもらいました。

アニメのキャラクターがついた歯磨き粉。少し甘くて色々な味があってごまかし騙されながら歯磨きしていました。

コップや歯ブラシなんかもそうですが、子供の頃はアニメのキャラクターが歯磨きの煩わしさを消してくれていたように思います。

大人になってくると口臭が気になり始め、特にニンニクやネギなど人前で臭うため、食べることを避けていた時期がありました。思春期くらいからだったと思います。

ホワイトニングや口臭予防、虫歯予防を売りにしているタイプのものを使っていました。

その頃は、歯に隙間が出来るということがなかったので、歯間ブラシよりは歯ブラシをいくつか使って工夫して磨いていました。スイーツが好きだったので、虫歯にならないようにとはかなり気を遣っていました。

なるべく小腹が空いたときは、キシリトールガムを噛んでいましたが、本当にストレスもあってかよく噛んでいました。20代になると、歯の色が特に気になり、ホワイトニングの歯磨き粉で念入りに磨くことで、虫歯対策をしていました。

食べ物の変化もあり、10代の頃より甘いものを食べなくなったのは、アルコールを取るようになったからかもしれません。

食べ物によって歯磨きに気を遣うことが変わってくるように思います。

30代は、口臭を気にしていました。消臭スプレーや舌ブラシ、キシリトールガム、時々歯間ブラシも食べ物によっては使うようになりました。

特に口臭が食べ物を食べなくても気になりだして本当に飲み物でくちを湿らせたり、工夫していました。しばらく口を閉じたままでいるとどうしても口臭がしやすくなるので頻繁に口中を洗い流したり、キシリトールガムで対策をしていました。

40代になった今は、舌ブラシを使う機会が増えました。舌苔ということが健康に影響すると聞いたからですが、やはりケアすると口の中がスッキリするので、オーラルケアとして有効なのかもしれません。

ノッシュの効果・口コミに嘘ないの!?|最安値で購入した私のレビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です